2006年02月14日

日本勢タイム伸びず  〜スピードスケート男子500m 1st〜

 トップは、アメリカのジョーイ・チーク。唯一34秒台を叩き出す。日本勢は、及川の4位が最高で、加藤、清水、長島はベスト10にも入れず。チーク以外は僅差なのでまだまだチャンスはある!!2回目の奮起が待たれる。
posted by スポーツ職人 at 01:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | オリンピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月13日

トリノ五輪 3,4日目 メダルへ期待の種目が続々登場 

 スノーボード男子ハーフパイプは残念ながら、全員予選落ちでした。やはりアメリカ勢は強かった、って感じがします。日本の選手は、気負いが感じられいつもの演技が出来なかったように見えました。

 一方ジャンプノーマルヒルは、僅差での決着となりました。日本選手も一本目は良い位置につけましたが2本目伸び悩みメダルは遥か遠くへと消えていきました。上位は僅差での決着だっただけに惜しい事をしたと思います。

 またスピードスケートショートトラック。女子500mで神野が準決勝に残ったものの、男子1500mの寺尾、末吉、女子3000mリレーは決勝に進む事が出来ませんでした。

 そして競技4日目。

 現在、スノーボード女子HPの決勝が行われていますが、日本からは中島、山岡、伏見の3選手が残りました。

 更になんと言ってもスピードスケート男子500mが始まります。進境著しい加藤、ここに来て調子が戻ったと伝えられるベテラン清水がどんな滑りを見せるか、結果が楽しみです。

 小生は、明朝のニュースで確認する事にします。(明日も仕事なもんで・・・。)
  
posted by スポーツ職人 at 22:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | オリンピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月12日

トリノ五輪2日目 日本勢振るわず  〜主な競技結果〜

 
 日本時間の11日午後7時からノルディック複合のジャンプを皮切りに競技が開始されました。取り敢えず、主な競技の日本選手の結果を・・・。


1.女子モーグル決勝

 上村愛子  5位
 里谷多英 15位
 伊藤みき 20位
 
 畑中みゆきは予選落ち。 

 上村、ほぼ完璧な滑りだったものの他の競技者が更に完璧な滑りを見せ悲願のメダル届かず。
 優勝は、前評判どおりの強さを決勝でも見せたジェニファー・ハイル(カナダ)。2位には、3大会連続のメダル獲得となるカーリ・トロー(ノルウェー)が入った。そして3位にはサンドラ・ラウラ(フランス)が、持ち前のスピードを生かして飛び込んだ。



2.ノルディックスキー 複合個人

  小林範仁 16位
  畠山陽輔 32位
  北村 隆 43位

  高橋大斗 棄権(前半ジャンプ12位)

 エース高橋大斗は、腰痛により後半の距離を棄権しました。やはり思わしくなかったのでしょうか。
 優勝は、前半ジャンプで首位に立ったゲオルク・ヘティッヒ(ドイツ)が後半距離で逃げ切り、2位はフェリックス・ゴットワルト(オーストリア)。



3。ノルディック ジャンプノーマルヒル予選

 原田雅彦 規定違反により失格

 原田雅彦(雪印)は95メートルを飛んだが、体重に比べて長すぎるスキー板を使ったという規則違反で失格。


4.スピードスケート 男子5000m 

 宮崎 今佐人  21位
 牛山 貴 広  27位

 日本勢振るわず。優勝はチャド・ヘドリック(米国)
 
<コメント>

 ジャンプは、これから決勝が行われますが日本勢は全体的に振るいませんね。やはり、現実は厳しいと言う事でしょうか。原田選手は、まずまずのジャンプを見せただけに惜しい事をしました。これで終わりだと、少々寂しいですね。
 
   
posted by スポーツ職人 at 04:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | オリンピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月11日

ジャンプ原田、最後の1枠に滑り込む!!ラージヒル出場も?  〜トリノ五輪〜

 トリノ五輪のスキー日本代表最年長の原田雅彦選手(37)が、土壇場で最後の出場枠を射止めた。ジャンプ日本チームは10日、ノーマルヒル(現地時間11日に予選)に出場する4選手を決め、原田選手は最後の1枠に滑り込んだ。
 4番目の出場枠を目指した原田は、最初で最後のアピールの場となったこの日の練習で100・5メートル、102メートル、101・5メートルと大ジャンプをそろえ、対抗の一戸剛(アインズ)や16歳の伊藤謙司郎(北海道・下川商高)を大きく上回った。
 また同選手は当初ノーマルヒル終了後に帰国する予定であったが、首脳陣は終了後も帯同させる方針で、今後の結果次第ではラージヒル出場の可能性も見えてきた。

<コメント>
 やはりこの男がやってくれないと五輪のジャンプは始まりませんね。今シーズンは、メンバーに選ばれた事が不思議なくらい胸を張れるような成績を残している訳ではありませんでしたが、やはり本番になると強さを発揮する男ですね。同年代なので、頑張って欲しいです。

 それにしても、ジャンプ陣は現地に入って原田以外の選手も好調なようで、もしかしたら最初は期待させていなかった、個人、団体のメダル獲得があるかも知れません。是非、下馬評を覆して欲しいと思います。
posted by スポーツ職人 at 04:42| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | オリンピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月01日

出場資格問題で明暗。ボブスレー日本代表は一転、出場可能に。〜トリノ五輪情報〜

トリノ冬季五輪ボブスレー日本代表の出場資格が確定していなかった問題で、国際オリンピック委員会(IOC)は1月31日、4選手全員の出場を認める方針を固め、日本オリンピック委員会(JOC)に伝えた。
 一方、スピードスケート団体追抜きにエントリーしていた安田直樹選手は、出場資格保有選手が枠をオーバーした事による参加標準記録かさ上げの影響で、出場資格を失った。

<コメント>
 この2つのケースはそれぞれ事情が違います。
 まずボブスレーの方は、明らかに連盟側の不手際なので出場出来て当然だと思います。抗議を続けた日本の連盟も評価出来るでしょう。

 一方のスピードスケートの件は、本人には気の毒な話ですが、連盟が昨年の夏に参加標準記録を突破した者が予め設定した出場枠(170)を超えた場合標準記録をかさ上げして調整する、と通達を出していたらしいのです。日本の連盟もまさかこのような事態になり、自国から該当者が出るとは思わなかったんでしょうね。事前のケアが足りなかった分、本人のショックも大きいと思います。

 いずれにしても選考方法が複雑なようなのでもっと単純明快にすれば良いのではないでしょうか。特にスピードスケートは参加標準記録と出場枠と言う、絶対評価的な物と相対評価的な物を同居させるとどこかで歪が生じると思います。 





人気blogランキングへ→ランキング参加しています。是非クリックをお願いします。

 

posted by スポーツ職人 at 11:54| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(2) | オリンピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月30日

ボブスレー日本代表、五輪出場危機!!

 トリノ冬季五輪のボブスレー日本代表に選ばれている男女の2人乗り各1組計4選手が大会に出場できない可能性があることが30日、分かった。アジア枠が取り消されることがあり得るためで、最悪の場合、日本選手団から外れることになる。
 日本は男女ともワールドカップランキングなどでの出場権を得られなかった。しかし、出場を辞退する国が出たため、アジア枠で出場権を獲得できる見通しとなった。
 ところが、辞退した国が急きょチーム派遣を決めた為、日本が締め出される形となった。
 
 通達を受けた日本ボブスレー・リュージュ連盟は、国際ボブスレー・トボガニング連盟に抗議している。また、日本オリンピック委員会がトリノ五輪組織委員会に確認したところ、「国際オリンピック委員会と国際連盟で調整中」との回答だった。

<コメント>
 元はと言えばランキングで出場枠を確保していれば、こんな事にはならなかったのだと思うのですが、それは置いといて・・・。
 一度出場権を放棄した者が再び出たいと言ったら復活するのも変な話ですね。これは、機構側の不手際だから両方出場させてあげれば万々歳なんでしょうけど、夏季五輪で野球やソフトと言った、世界的に見ればマイナースポーツが締め出されたのを見ても分かるようにオリンピックはスリム化を目指しています。それを考えると、両方出場すると言うのは難しいのかも知れません。
 こう言う事になると日本は政治力がないからなあ?IOCはどんな判断を下すのでしょうか。それにしてもお粗末!!





人気blogランキングへ→ランキング参加しています。是非クリックをお願いします。

 

posted by スポーツ職人 at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | オリンピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする