2006年11月13日

馬券の約半分を紙くずにした「禁断の左ムチ」 【競馬 エリザベス女王杯】

  第31回エリザベス女王杯が京都競馬場で行われ、1番人気の8枠16番カワカミプリンセスが1位で入線したが、最後の直線で他馬の進路を妨害し降着処分となり、2位で入線した8枠15番フサイチパンドラが繰り上がりで優勝すると言う予想外の結末となった。GTレースで1位入線馬が降着処分となったのは、1991年秋の天皇賞で武豊騎手騎乗のメジロマックイーンが降着となって以来の事。


【レース結果】

 1着  8枠15番  フサイチパンドラ   福永祐一 2分11秒6 7
 2着 ◎4枠 8番  スイープトウショウ  池添謙一
 3着 ▲6枠11番  ディアデラノビア   岩田康誠
 4着 △1枠 1番  アサヒライジング   柴田善臣
 5着 △2枠 3番  アドマイヤキッス   武 豊  

12着 ○8枠16番  カワカミプリンセス  本田優 (降 着)


<コメント> 
 3歳馬への世代交代か古馬の意地か、エリザベス女王杯は1位で入線した馬が降着になると言う後味の悪い結末となった。

  レースは、3枠6番シェルズレイがハイペースでレースを引っ張り最後の直線で8枠16番カワカミプリンセスが ポッカリ空いた真ん中のスペースをうまく突いたかに見えた。だが法の番人は内に斜行する無敗のプリンセスを見逃してはくれなかった。長い審議の末、出た結論は進路妨害による降着処分だった。しかし、最後に突き抜けた時の瞬発力は、古馬女王のスイープトウショウをも寄せ付けなかった。馬自身はその能力を存分に発揮した。

 GTレースで1位入線馬の降着といえば、名馬メジロマックイーンの事が思い浮かぶが、あの時も圧倒的な勝ち方だった。ゴールした瞬間、誰もが世代交代を認識したレース。その象徴的なレースで、再びこのような事が起きるとは・・・。思わぬ形で無敗の称号に傷が付いてしまった。

 今までカワカミプリンセスの後塵を拝していた8枠15番のフサイチパンドラは、陣営も予想していなかったであろう結末で優勝が転がり込んで来たが、複雑な心境だろう。

 その一方、一瞬の判断による結果で好騎乗とも凡プレーとも言われる騎手の世界の一端を垣間見たような気がした。「たら」、「れば」の話になってしまうが、もしあそこで内に入れなければ、正真正銘無敗のプリンセスに土が付いていた可能性もある訳だから・・・。1番人気の馬を操る騎手は1着にならなければならないと言う呪縛とも戦わなければならず、非常に厳しい世界である事を改めて実感したレースであった。
 
 それにしても、前述の天皇賞でメジロマックイーンの妨害を受けた馬(プレジデントシチー)に騎乗していたのが、今回渦中の人となった本田優騎手だとか・・・。因果な巡り合わせである。


banner_03.gif
→お読み頂き有難うございます。ポチッと一回押してみて下さい。お願いします!!
posted by スポーツ職人 at 23:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(8) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

エリザベス女王杯の結果
Excerpt: G1の1着降着ははじめてみました。ユタカが乗っていたっていうメジロマックイーンのときは競馬していなかったので・・・(風のうわさで聞いていた程度です。) 1着▽フサイチパンドラ 2着◎スイープト..
Weblog: うた色そら色
Tracked: 2006-11-14 00:24

そんな事になっていようとは
Excerpt: 昨日のエリザベス女王杯。 姪っ子、甥っ子相手に花札(^^;)で遊びながら、中継を見ていた。 真剣には見ていなかったわけだけど、一番人気のカワカミプリンセスが一着になったことは覚えている。審議になりその..
Weblog: 勝手な言い分
Tracked: 2006-11-14 01:05

フサイチパンドラ優勝(エリザベス女王杯結果)
Excerpt: レース終了直後まで確かに自分の手元にあった馬券は的中していたんだ。 でも、レースが確定して、見てみると紙くずになっていたんです…
Weblog: 日記とか文章披露?
Tracked: 2006-11-14 02:50

結末は・・・棚から初物@エリ女など
Excerpt: 3歳vs古馬の牝馬No1決定戦エリザベス女王杯は、G1では珍しい降着があって、2着入線の3歳馬フサイチパンドラが繰り上がってG1初制覇の結末、ん??なんとも言えないレースだったね。 G1で降着は武豊..
Weblog: 気の向く馬馬
Tracked: 2006-11-14 05:27

エ女王杯 カワカミプリンセスが1位降着
Excerpt: カワカミプリンセスが1位降着…エリザベス女王杯 2006年の牝馬NO1を決めるエリザベス女王杯・G1は12日、京都競馬場の芝2200メートルで行われた。3歳以上オープン馬15頭(ヤマニンメルベイユ..
Weblog: zara's voice recorder
Tracked: 2006-11-14 06:36

第31回エリザベス女王杯(G1)の結果
Excerpt: おそまつです。 今日午前中に初雪が降りました。本格的な冬はそこまで来ています。 衝撃の結末でした。無敗のカワカミプリンセスが戴冠と思われましたが、 長い審議の後12着へ降着となり繰り上がってフサイチパ..
Weblog: 競馬雑記
Tracked: 2006-11-14 08:43

エリザベス女王杯 結果 ??カワカミプリンセス降着。JRA審議の曖昧さ。。。
Excerpt: 2006年11月12日(日) 6回京都4日 11R 第31回 エリザベス女王杯(G1) サラ系3歳以上 2200m 芝・右 外 (国際)牝(指定) オープン 定量 本賞金: 9000、 3..
Weblog: 競馬予想ブログ 複勝馬券生活
Tracked: 2006-11-14 13:18

カワカミプリンセス 審議内容
Excerpt: 降着の事象は4コーナーすぎの直線、ヤマニンシュクルに対して。本田騎手は外ムチを使って急激に内斜行している。前をカットされたシュクルは騎手も馬もバランスを崩し、その後のレースができなくなるほど甚大な被..
Weblog: 新マネー競馬プラス
Tracked: 2006-11-24 13:44