2006年09月03日

五輪出場決定一番乗り!!  【ソフトボール世界選手権】 

  ソフトボール女子世界選手権の決勝トーナメントが3日から北京市の豊台ソフトボール場で始まり、日本(B組1位)は中国(A組2位)を延長8回タイブレーカーの末、1―0で勝って、4強入りを決め北京五輪出場権を獲得した。

 試合は緊迫した投手戦で0−0のまま、8回から前回最後の打者が二塁走者として無死二塁の状況を設定して試合を続けていく延長タイブレーカーに入り、決着をつけた。

 また、これに先立ち行われたつ試合で米国(A組1位)がオーストラリア(B組2位)を11―2で6回コールド勝ちし、準決勝進出を決め、五輪出場権を得た。

<コメント> 
  北京五輪出場権の懸かった試合で日本が中国を破り、どの競技よりも早く出場決定一番乗りとなった。メダルの期待がかかる上、オリンピックで行われる最後の大会の可能性があるソフトボール。今後の活躍に期待したい。
posted by スポーツ職人 at 17:18| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | オリンピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック