2006年06月13日

イベリア半島の隅っこでタコスを堪能しながら観戦するグループか? 【サッカー ワールドカップ】

 W杯ドイツ大会3日目はグループC1試合とグループDの2試合が行われた。
 グループDのメキシコ-イランの試合は、1-1で迎えた後半20分過ぎから、足の止まったイランをメキシコが攻め立てて得点を重ね3−1で勝利を収めた。
  続くポルトガルーアンゴラは、1−0でポルトガルが勝ち、1次リーグ突破が有力視されている両チームが順当に勝点3を獲得した。


【グループD結果】
 メキシコ  3―1 イラン
 得点:(メ) ブラボ  前28分 
       ブラボ  後31分
       ジーニャ 後34分
       
    (イ) ゴルモハマディ 前36分

 ポルトガル 1―0 アンゴラ
 得点:(ポ) パウレタ 前4分


◎グループD勝敗表
>
 メキシコ.pngflag_euro03_09ポルトガル.pngflag_africa01_02 アンゴラ.pngflag_africa01_02 アンゴラ.png
 メキシコ.png3-1100313
flag_euro03_09ポルトガル.png1-0100103
flag_africa01_02 アンゴラ.png0-1010010
flag_africa01_02 アンゴラ.png1-3010130




<コメント> 
メキシコとイランの1戦は、メキシコがシード国の意地を見せて勝点3をもぎ取った。
 前半は互角の試合展開だった。と言うよりむしろ、イランの方が優勢に試合を進めており、時折攻撃で見せ場を作っていた。共にCKから得点し1-1で後半へ。
 後半に入り選手交代でリズムを掴んだメキシコは、次第に中盤を支配出来るようになった。
 一方、イランは中盤でことごとくパスがカットされて攻め手を失っていった。次第に足も止まるようになり集中力が欠けていったように思える。メキシコは、そんな集中力が欠けたイラン守備陣の僅かなミスを見逃す事無く2点目を奪った。最後は、MFジーニャが教科書通りのヘディングシュートをねじ込んで勝負を決めた。集中力の差が明暗を分けた1戦であった。

 ポルトガルとアンゴラの試合は、開始早々パウレタのシュートで先制したポルトガルが主導権を握り、アンゴラを退けた。アンゴラは後半、相手のペースが落ちた所を持ち前の高い身体能力を駆使し攻め立てたが及ばなかった。開始早々のエンジンが掛かりきらない時間帯で失点したのが悔やまれる。
 

posted by スポーツ職人 at 01:36| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(4) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

【GroupD:ポルトガル×アンゴラ】
Excerpt: ポルトガル 1-0 アンゴラ 2006.6.11 ケルン 初出場アンゴラの初戦の...
Weblog: sugrkube.com
Tracked: 2006-06-13 01:49

ポルトガル、メキシコ順当勝ち
Excerpt: W杯D組:メキシコ、3−1でイラン降す サッカー・ワールドカップ(W杯)は第3日の11日午後6時(日本時間12日午前1時)、ニュルンベルクで1次リーグD組のメキシコ−イラン戦が行われ、メキシコが3..
Weblog: zara's voice recorder
Tracked: 2006-06-13 06:28

W杯グループD
Excerpt: 何だかすっかりサッカーblogになりつつありますが、 W杯開催中は許して下さい(^^; W杯メキシコVSイラン グループD メキシコ VS イラン メキシコがボールを支配気味に 優..
Weblog: The baguette
Tracked: 2006-06-13 07:50

D組ポルトガル対アンゴラ。
Excerpt: サッカー、ワールドカップW杯、3日目ポルトガルvsアンゴラ。 ケルンにて。 ルイス・フィーゴ、ドリブル早い!! 4分。9番パウレカ、シュート!先制点!! 6分、アンゴラ、FK。GK転がってる。..
Weblog: kasumidokiの日記
Tracked: 2006-06-13 23:43