2006年02月22日

日本悲願のメダル獲得なるか?  〜フィギュアスケート女子〜

日本悲願のメダルの期待が懸かるフィギュアスケート女子SPが行われ、荒川静香(プリンスホテル)がほぼ完璧な演技を見せ、トップと1ポイント以内の差で3位に付け、メダルの可能性が見えて来た。約5ポイント差の4位に村主章枝(avex)が続いている。
一方、フリーで4回転ジャンプ披露を表明している安藤美姫(中京大中京)は、最初のジャンプでの着氷ミス等が響き8位と出遅れ、メダルの可能性は厳しくなった。

◎フィギュアスケート女子SP 

1位 サーシャ・コーエン(米国)   66.73
2位 イリーナ・スルツカヤ(ロシア) 66.70
3位 荒川静香           66.02  
4位 村主章枝           61.75
 
8位 安藤美姫           56.00



<コメント>
 急性腸炎を患い暫く更新していませんでしたが今日から復帰しますので、今後も宜しくお願いします。
 
 さて日本のメダル獲得の最後の砦となったフィギュアスケート女子。荒川、村主の2人の実力者が好位置につけました。特に荒川は、SP自己ベストのスコアを叩き出しほぼ完璧の演技を見せました。
 上位2人とのポイント差も1ポイント以内なので、フリーの演技次第では更なる順位アップ
も期待出来る位置にいます。メダルの有力候補と見られていた、地元イタリアのコストナーが
11位と出遅れ、他に有力者も見当たらない事からフリーでも大きな失敗が無ければ、まずメダルは間違いないと思いますが守りに入らず攻めの演技を見せて欲しいですね。
 
 村主選手も若干ポイント差は開きましたが、表現力が発揮できる得意のフリーでどこまで上
位3人に迫れるか楽しみです。フリーの配点割合が高いのでメダルのチャンスは十分あると思います。





人気blogランキングへ→ランキング参加しています。是非クリックをお願いします。


posted by スポーツ職人 at 22:51| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | オリンピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック