2009年12月02日

日本を待ち受ける最初の関門は、全て「死のグループ」なのか?  【サッカー 2010年W杯南アフリカ大会ポット分け】

  2010年に行われるW杯南アフリカ大会の組合せ抽選会が現地時間の4日行われるが、それに先立って2日、シード国8カ国(開催国の南アフリカを含む)とポット分けがFIFAから発表された。

  シード国が入るポット1にはブラジルを始め、前回大会優勝のイタリア、EURO2008チャンピオンのスペインなどが入り、欧州予選のプレーオフで物議を醸したフランスや前回大会4強のポルトガルが外れた。
  一方、日本はアジア及びオセアニア代表、北中米・カリブ代表の3カ国と同じポット2に入った。ポット分けは以下の通り。


<ポット1>
南アフリカ、ブラジル、ドイツ、イタリア、スペイン、イングランド、アルゼンチン、オランダ

<ポット2>
日本、韓国、オーストラリア、北朝鮮、メキシコ、米国、ホンジュラス、ニュージーランド

<ポット3>
ガーナ、カメルーン、コートジボワール、ナイジェリア、アルジェリア、チリ、パラグアイ、ウルグアイ

<ポット4>
フランス、ポルトガル、スイス、ギリシャ、セルビア、デンマーク、スロバキア、スロベニア


<コメント>
  2010年のW杯南アフリカ大会の組合せが4日(現地時間)行われるのに先立ち、注目されたポット分けが決まった。
  日本が出場した過去3回は組合せが決まった段階では比較的恵まれている感があった日本だが、(実際の試合を見るとそんな事は無かったのだが)今回南アフリカ行きを決めた国の顔触れを見ると、組合せの段階でどのグループに入っても、今まで以上に厳しい戦いが待ち受けているのではないかと思ってしまう。

  世界を驚かし、ベスト4に入る事が目標の岡田ジャパン。果たしてどこの国と同じグループになるのか。4日(日本では5日未明)の抽選会が、今から楽しみである。  












banner_03.gif
→相手がどこだろうととにかく1次リーグは突破して欲しい、と思う方はクリックをお願いします。


blogram投票ボタン
→ついでにこちらもポチっと押して頂けると有難いです。
posted by スポーツ職人 at 22:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/134545363

この記事へのトラックバック

W杯組合せ抽選ポット分け決まる
Excerpt: W杯シード決定方式を変更 予選の成績を重要視 今大会のW杯抽選は、シード決定方式が前回のドイツ大会から大幅に変更された。前回は過去のW杯2大会の順位を得点に換算し、W杯の前年まで3年間のFIFA世..
Weblog: zara's voice recorder
Tracked: 2009-12-03 10:27

W杯組み合わせ抽選会、ポッド分け発表。
Excerpt: 2日後に迫った2010年南アフリカW杯組み合わせ抽選会。注目のポッド分けが、やっと発表されました。 予想通り、W杯予選で苦戦したフランス、ポルトガルがシードから
Weblog: merseysideに佇んで
Tracked: 2009-12-03 13:28