2009年11月28日

府中の森で行われる今年最後のビックレース!!外国馬vs日本馬 勝つのはどっちだ? 【競 馬  第29回ジャパンカップ予想】

   競馬の第29回ジャパンカップ(GT)が29日、東京競馬場2,400mで行われる。
  昨年の続く連覇を目指すスクリーンヒーローや天皇賞の雪辱を果たせるかに注目が集まるウオッカ、そしてBCターフ連覇など輝かしい実績を引っ下げて来日した世界屈指の強豪馬コンデュイットなどが参戦して熱戦が繰り広げられる。秋深まった府中の森で笑うのは果たしてどの馬か。


【本誌予想】
  ジャパンカップ創設時は、外国馬が席巻するイメージがあったが最近は強力な外国馬が来日するケースが少なくなった事もあり、日本の馬が優勢で、暮れに行われる有馬記念よりもメンバーが揃うという印象がある。
  今年のメンバーも中々の役者が揃った。更に外国からも強力な馬が1頭参戦。果たして今年最後の府中の森でのビックレースを制するのは果たして・・・。そこで本誌予想。

◎(本 命)5枠10番  オウケンブルースリ
  前走の天皇賞ではスタートで出遅れ、最後も瞬発力勝負になるなどこの馬には展開が向かなかった感がある。それでも最後に追い込んで4着に食い込み実力の片鱗を見せた。
  この馬にとって距離が2ハロン延びる事はプラス材料で更に先行してレースを引っ張る馬がいる今回は展開も向くと予想し本命に推す。果たして京都大賞典で見せた末脚が炸裂するか。

○(対 抗)8枠18番  スクリーンヒーロー
  前走の天皇賞は休み明けながら2着と好走した。引き続き状態も良さそうで、レース展開に余り左右されないイメージがあるので本命にしたい所だが、コースロスを強いられる大外枠とこのレースでかつてどの馬も達成していない連覇が出来るか、と言う点が引っ掛かり対抗にする。

▲(単 穴)5枠9番 リーチザクラウン
  恐らくこのレースの展開のカギを握るであろう同馬。とにかく当日落ち着くかどうかがポイントとなる。菊花賞では距離が長かったのか最後は足が上がってしまったが、ダービーでも経験しているこの距離なら見せ場は作るだろう。登録したマイルチャンピオンシップではなく、こちらのレースを選んだ所に陣営の勝算ありの姿勢がうかがえる。追い切りの動きも良かったようなので、軽視すると痛い目に遭うような気がする。


×(注 意)3枠5番  ウオッカ
  春はマイル戦のGTタイトルを2つ獲得した同馬もこの秋はまだ先頭でゴール板を駆け抜けていない。この距離でダービーを制した事実はあるが、この馬の近走の実績を見るとやはりマイラーという印象は拭えず、今回は距離が少し長いような気がする。日本のGTレースと相性の良いC・ルメール騎手の一発は怖いが…。


  その他△(連下)としては、長距離輸送の馬にしてはローテーションがきつく、遠征疲れの不安はあるもののやはり怖い存在の8枠16番のコンデュイット、近走目立った成績は残していないが、コース・距離適性そして内枠と条件が揃った感のある1枠1番アサクサキングス、左回りに実績がある4枠7番ジャストアズウェル、底を見せておらず斤量も軽い3枠6番レッドディザイアまで挙げておきたい。

 まとめると

◎ 5枠10番  オウケンブルースリ
○ 8枠18番  スクリーンヒーロー
▲ 5枠 9番  リーチザクラウン
× 3枠 5番  ウオッカ
△ 1枠 1番  アサクサキングス
△ 3枠 6番  レッドディザイア
△ 4枠 7番  ジャストアズウェル
△ 8枠16番  コンデュイット 


  馬券は馬連で◎から○▲×△へ流す。1−10、5−10、6−10、7−10、9−10、10−16、10−18の7点。








banner_03.gif
→ジャパンカップこそ(或いは「も」)当てたい、と言う方はクリックをお願いします。


blogram投票ボタン
→ついでにこちらもポチっと押して頂けると有難いです。
posted by スポーツ職人 at 23:30| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(47) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アフリカ勢の躍進は「アル」のか「ナイ」のか?  【サッカー W杯アフリカ大陸予選&オセアニア予選回顧など】 

  2010年W杯南アフリカ大会の各大陸予選を振り返るシリーズ。最終回となる今回は、アフリカ大陸予選とオセアニア予選について書きたいと思う。


【地元開催で旋風を巻き起こすか?…アフリカ大陸予選】
   前回のドイツ大会は初出場国が軒並み名を連ねたアフリカ勢だったが、ガーナが1次予選を突破する等、なかなかの活躍を見せた。進境著しい地域でしかも地元開催となる本大会で更なる躍進の予感がする。そんな期待を 抱かせる5ヵ国(これらに加えて開催国枠で南アフリカが出場)が予選を突破した。
   信じられないような身体能力を有する事は周知の事実だが、近年ヨーロッパのビッククラブで揉まれ、活躍する選手が増えて来た事も代表チームのレベルアップの一因となっている。コートジボワールのドログバ(チェルシー)やカメルーンのエトー(インテル)など…。

  実力上位の国が順当に勝ち上がった中で、勝負の行方が最後まで分からなかったのがエジプトとアルジェリア。最終予選のグループリーグで決着が付かず、中立地でのプレーオフでアルジェリアに軍配が上がった。
   因縁の対決とあって、14日のカイロでの試合でアルジェリア選手のバスに石が投げ込まれる等、試合前からヒートアップ。試合でもアルジェリアが出場権獲得目前となった後半ロスタイムにエジプトが得点し、プレーオフに持ち込まれた。(投石の件はエジプトの人に言わせると、アルジェリア側が自らを被害者に見立てた自作自演の話だと言う事らしいが・・・。)
  更にプレーオフで敗れたエジプトではデモが発生し、アルジェリア大使が召還される事態となり、まさに「サッカーは国と国との戦いである。」の格言を地で行くような壮絶な戦いだった。
   
   さて本大会が行われる6月。アフリカの代表国のサポーターが喜ぶ結果となるのか。そしてホスト国南アフリカは1次リーグを突破できるのか。2014年ブラジル大会のアジアの出場国枠との絡みもあり目が離せない。

 
◎2010年W杯南アフリカ大会アフリカ代表国
・南アフリカ(2大会ぶり3度目)
・ナイジェリア(2大会ぶり4度目)
・ガーナ(2大会連続2度目)
・コートジボワール(2大会連続2度目)
・カメルーン(2大会ぶり6度目)
・アルジェリア(6大会ぶり3度目) 


【黄色の次は白色が久々に表舞台に…オセアニア予選】
  オーストラリアがAFCに転籍し、ニュージーランドがオセアニア予選を勝ち上がるのはある意味予想通りだった。しかし、この予選を勝ち上がってもワールドカップに行けないのはいつもの事。今回の大陸間プレーオフの相手はアジア勢。初出場を目指す中東最後の砦、バーレーンの野望を打ち砕き、久々に世界の表舞台に登場する。
  「オールホワイツ」が前回のオーストラリア同様、果たしてオセアニア旋風を巻き起こす事が出来るだろうか。

◎2010年W杯南アフリカ大会オセアニア代表国
・ニュージーランド(7大会ぶり2度目)
















banner_03.gif
→日本が1次リーグでどこの国と同じく組になるのか気になる、と言う方はクリックをお願いします。


blogram投票ボタン
→ついでにこちらもポチっと押して頂けると有難いです。
posted by スポーツ職人 at 17:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする