2009年11月04日

世界最高峰の舞台から消え行く「日本ブランド」!!  【F1 トヨタ撤退】

〜スポーツナビ より〜
  トヨタ自動車が、自動車レースの最高峰F1世界選手権から2009年限りで撤退する方向で最終調整を進めていることが4日分かった。同日午後にも発表する。
  トヨタは2002年からF1に参戦。レースを統括する国際自動車連盟(FIA)とは2012年まで出場する協定を結んでいたが、今期で2期連続となる赤字業績の立て直しを優先するため、数百億円の参戦費用がかかるとされるF1からの撤退を決めた。今後、F1チームの譲渡先を探すとみられる。
 F1をめぐっては、ホンダが昨年限りでレースから撤退したほか、今月にはブリヂストンも来年限りでタイヤ供給をやめると発表しており、日本勢が完全に撤退することになる。
 トヨタは今年7月に、子会社が運営する「富士スピードウェイ」(静岡県小山町)でのF1レースを2010年以降は開催しないと表明していた。 

<コメント>
  昨年、F1の舞台からホンダが撤退し、残ったトヨタの動向が注目されていた。当初はF1参戦を継続すると表明していたが、やはり不況と言う時代の波には勝てなかった。

  最近、ハイブリッド車の登場で売上が上向きかけているとは言え、F1マシンに掛かる莫大な開発費や運営費を会社として見過ごす訳には行かないと言う事なのだろう。参戦後は優勝こそ出来なかったものの何度か表彰台にも上がり、将来有望なドライバーも現れているだけに残念である。
  
  更にタイヤ供給で独占契約を結んでいるブリジストンも、来季で契約が切れるのに伴いその後は契約を更新しないと発表している。(新たなタイヤメーカーを探す必要があると言う点でこちらの方がFIAにとっては痛手なのかも知れない。)また、他のカテゴリー(世界ラリー選手権など)でも日本の自動車メーカーが次々と撤退する事を表明しており、モータースポーツの最高峰であるF1からの撤退と併せて、世界のモータースポーツの舞台から「日本ブランド」の灯火が完全に消えようとしている。

  日本の自動車業界は今、コスト削減、環境への配慮にどう取り組むかが問われている。それらの対極にあるF1で今後「日本ブランド」が再び名を連ねる日は訪れるのか。現在の自動車業界を取り巻く環境等を考えると、クリアすべきハードルはかなり高いような気がする。














banner_03.gif
→トヨタの撤退は残念だ、と思う方はクリックをお願いします。


blogram投票ボタン
→ついでにこちらもポチっと押して頂けると有難いです。
posted by スポーツ職人 at 22:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(23) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする