2009年11月01日

存在感を見せ付けた球界のエース!!がっぷり四つに組んだまま舞台は「雪の街」から「花の都」へ…  【プロ野球 日本シリーズ第2戦】  

  プロ野球の日本シリーズ第2戦が1日、札幌ドームで行われ、日本ハムがエース、ダルビッシュ投手の力投で第1戦の雪辱を果たした。
  日本ハムダルビッシュ投手、巨人内海投手の先発で始まった第2戦は3回裏、日本ハムが稲葉選手のホームランで先制するとその後も内海投手に連打を浴びせ、4点を奪った。
  ダルビッシュ投手は4回表に巨人、亀井選手にホームランを打たれ2点を失うと5回表にも満塁のピンチを迎えたが、続く小笠原選手を三振に仕留めた。ダルビッシュ投手の後を継いだ中継ぎ陣も巨人打線を抑え接戦をモノにした。
  一方の巨人は内海投手が3回に集中打を浴びて降板したのが誤算だった。打線も中盤追い付くチャンスはあったが、日本ハム投手陣に要所を締められた。

  日本シリーズ第3戦は3日、舞台を東京ドームに移して行われる。

【日本シリーズ第2戦試合結果】
(1勝1敗)
 巨  人 0 0 0  2 0 0  0 0 0  2
日本ハム 0 0 4  0 0 0  0 0 x  4
【勝】 ダルビッシュ 1勝 0敗 0S
【負】 内海 0勝 1敗 0S
【S】 武田久 0勝 0敗 1S

<コメント>
  第1戦では打線が繋がらず残塁の山を築いて星を落とした日本ハム。第3戦から第5戦は敵地での試合となる事を考えると落とせない第2戦に臀部の痛み等で戦列を離れていたエース、ダルビッシュ投手を100%の出来ではない事を承知の上でのマウンドに送り込んで来た。勝てば1勝以上の価値が出てくる可能性がある一方で、エースを送り込んで負けるとなると2連敗と言う状況と併せてチームの勢いを取り戻すきっかけを失いかねない。初戦を落とした事もあり、日本ハムの首脳陣は賭けに出た。
  注目された久々の投球。いつものような相手を威圧するような投球フォームではなかったが、それでも要所で140キロ台の直球を繰り出し、変化球とのコンビーネーションで巨人打線を抑えた。コンディションが悪いなりに工夫して投げられるのは、さすがエースを言えるだろうか。繋がりが悪かった打線もエースの力投に応え、3回に集中打で援護した。ダルビッシュ投手の後を繋いだ中継ぎ陣もキッチリ仕事をこなし、1勝1敗で敵地に乗り込む事になった。
  打線の繋がりと言う点で見ると、この試合も12安打で4点と効率良く点を取ったとは言えない。それでも本拠地で1つ勝って結果を残す事が出来たのは大きい。しかも回復途上のエースが投げて勝った事でチームに弾みがつくのではないだろうか。

  一方の巨人は2点を取った4回と満塁のチャンスを作った5回以外は、日本ハム投手陣に抑えられた。上位打線に当たりが出ていないのが気懸かりである。収穫は第1戦、第2戦を通じて長短はあるが、色んな選手を起用して選手の調子等を見極められた事だろうか。特に第2戦の途中からマウンドに上がり、日本ハム打線を抑えた東野投手の好投が光った。このシリーズで巨人投手陣のキーマンになりそうな気がする。

  「雪の街」札幌での序盤戦は1勝1敗の五分。がっぷり四つに組んだまま舞台は東京へ移される。果たしてどちらが寄り切るのか。今シーズンの日本一決定戦は中盤戦を迎えようとしている。








banner_03.gif
→ダルビッシュ投手あっぱれ、と思った方はクリックをお願いします。


blogram投票ボタン
→ついでにこちらもポチっと押して頂けると有難いです。
posted by スポーツ職人 at 23:04| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(23) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

歴史的瞬間、再びか?それとも久々に魔物が顔を出すか?  【競馬 第140回天皇賞予想】

  秋のGTシリーズ第4弾、競馬の第14回天皇賞(秋)が1日、東京競馬場芝2,000mで行われる。
  注目は、昨年、ダイワスカーレットとの激戦を制したウオッカがこのレースで連覇を果たす事が出来るか。それとも、ウオッカを負かす牡馬が現れるかどうか。GT馬9頭(海外GTを制したコスモバルクを含む)と豪華メンバーが揃った伝統のレース。15時40分、その幕が開く。



【本誌予想】
  昨年、ダイワスカーレットとウオッカの歴史的な激戦が記憶に新しいこのレース。あれから1年。ダイワスカーレットはターフを去ってしまったが、ウオッカは秋の府中の舞台に戻って来た。そして牝馬初の天皇賞2連覇、GT最多勝タイ記録となる7勝目と言う偉業を達成しようとしている。
  また、そうはさせじと多くのGT馬がウオッカを負かすべく参戦してきた。魔物が潜むと言われている秋の府中の舞台。その魔物を歴史的名牝の仲間入りを果たしたウオッカが昨年に続きシャットアウトするのか。それとも・・・。そこで、本誌予想。


◎(本 命)4枠7番  ウオッカ  
  実績は今更紹介する事も無いだろう。そして、前走の毎日王冠でマイペースで逃げての2着も昨年と同じパターン。勝ったカンパニーに上手く乗られた感があり、悲観する内容でもないだろう。直前の追い切りでも抜群の動きを見せていた。前走と違い、他にも前でレースを進めると予想される馬も今回は出走する為、無理に逃げる必要も無く、脚を貯められる展開に持ち込む事が出来るのもこの馬にとってはプラス材料だろう。枠順、コース適性等を考えるとやはりこの馬が戴冠に最も近い存在と言えると判断し本命に推したい。敢えて不安要素を挙げるとするならば、天皇賞に強いとは言え近走GTレースで目立った成績を残していない鞍上と前走後、角居調教師が発した「成長していないのかなあ。」の一言か。


○(対 抗)4枠8番  キャプテントゥーレ
  昨年の皐月賞馬。その後怪我で長期休養を余儀なくされたが、復帰後の関屋潟記念4着、そして前走の朝日CCでは2着馬に迫られながら粘り腰を見せ復活を遂げた。東京コース初と言う事もあり未知の要素があるのも確かだが、充実期を迎えた今、得意の先行力を発揮する展開に持ち込めれば他の馬の追随を許さないシーンも見られるような気がする。菊花賞では、若いジョッキーがクラシックのタイトルを獲得した。今回も若手有望株の川田騎手が2つ目のタイトルを獲り「世代交代」を印象付ける事が出来るか、注目したい。


×(注 意)7枠15番 オウケンブルースリ
  前走の京都大賞典で見事な末脚を披露して勝利を収めた同馬。もう少し距離が欲しいのと、時計勝負になるとどうかと言う不安要素はあるものの勢いを考えると軽視は出来ない。ステイヤー色の強い同馬が新境地を見せる事が出来るか。

▲(単 穴)5枠10番 シンゲン
  GTのタイトルを獲得していないだけに実績だけ見ると見劣りはするが、今年に入って左回りのレースで3連勝、前走のオールかマーで3着とその充実ぶりには目を見張るものがある。得意の東京コースでウオッカを始め並み居るGTホースをまとめて負かす可能性もある。


  その他連下(△)としては、前走でウオッカを負かし過去のレースでも好走している2枠3番カンパニー、強調できる材料はないが、スワンSでのレース振りを見ると騎手がどうも気になって仕方がない2枠4番アドマイヤフジ、休み明けでどのような状態分からないものの東京コースは得意な3枠6番アサクサキングス、宝塚記念2着以来となる7枠14番サクラメガワンダーまで挙げておきたい。

まとめると
◎4枠 7番 ウオッカ
○4枠 8番 キャプテントゥーレ
×7枠15番 オウケンブルースリ
▲5枠10番 シンゲン
△2枠 3番 カンパニー 
△2枠 4番 アドマイヤフジ
△3枠 6番 アサクサキングス
△7枠14番 サクラメガワンダー


  馬券は馬連で◎から○×▲△への流し馬券。3−7、4−7、6−7、7−8、7−10、7−14、7−15の7点。








banner_03.gif
→天皇賞こそ(或いは「も」)当てたい、と思う方はクリックをお願いします。


blogram投票ボタン
→ついでにこちらもポチっと押して頂けると有難いです。
posted by スポーツ職人 at 06:13| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(35) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする