2009年07月04日

我が道をひた走る「ウサギ」&熾烈なAクラス争いを繰り広げる「百獣の王」と「東北の鷲」!!  【プロ野球 ペナントレース】

  プロ野球は3日、セ・パ合わせて5試合が行われ、セ・リーグでは首位の巨人が3位の中日に競り勝ち、2位のヤクルトが阪神に敗れたためゲーム差が5.5に広がった。
  一方、パ・リーグは3位争いを繰り広げている西武と楽天が対戦し西武が大勝して同率で並んだ。

【3日の試合結果】

広 島 1 0 0  0 1 1  1 4 0  8
横 浜 0 0 0  0 0 0  1 0 0  1
投 手
【勝】 大竹 6勝 4敗 0S
【負】 寺原 1勝 2敗 0S
  初回に先制した広島がその後も着実に追加点を上げて快勝。先発した大竹投手は約1ヶ月ぶりの白星を飾った。一方、横浜は先発した寺原投手が踏ん張れず、打線も沈黙した。


巨 人 3 0 0  0 0 0  0 1 0  4
中 日 0 0 0  0 1 2  0 0 0  3
【勝】 ゴンザレス 8勝 1敗 0S
【負】 小林正 2勝 1敗 0S
【S】 山口 6勝 0敗 3S
  中盤追いつかれた巨人だったが8回表に小笠原選手のホームランで勝ち越し、リリーフ陣が守り切った。ゴンザレス投手はリーグトップに並ぶ8勝目。一方、中日は初回の3失点が最後まで響いた。

ヤクルト 0 0 0  0 0 1  0 1 0  2
 阪 神 0 4 0  1 1 0  1 0 x  7
【勝】 安藤 6勝 5敗 0S
【負】 館山 8勝 2敗 0S
  ブラゼルの先制ホームラン、先発した安藤投手の好投など投打の歯車が噛み合った阪神がヤクルト戦の連敗を6でストップさせた。一方、前回の登板で連勝記録が途絶えたヤクルトの先発館山投手は序盤で阪神打線に捕まり勝ち星を上げる事が出来ず、チームも4連敗となった。


西 武 0 0 0  0 0 0  0 4 7  11
楽 天 0 1 0  0 1 0  0 0 0  2
【勝】 涌井 9勝 3敗 0S
【負】 田中 8勝 3敗 0S
 西武涌井投手、楽天田中投手のエース対決となった3位争いは終盤ら田中投手を打ち崩した西武が勝利を収めた。西武の涌井投手は完投で9勝目。一方、完投ペースだった楽天の田中投手は8回に突如乱れエースの役割を果たす事が出来なかった。


オリックス 0 1 0  2 1 1  1 0 0  6
 ロッテ  0 0 2  0 0 0  0 0 0  2
【勝】 山本 5勝 2敗 0S
【負】 小林宏 1勝 6敗 0S
 2回に先制点を上げたオリックスがその後も追加点を加えてロッテを下した。一方、2日にパ・リーグ最長試合を戦ったばかりのロッテはその影響が出たのか攻守に精彩を欠いた。

<コメント>
  交流戦が終了し通常のリーグ戦に戻ったプロ野球は中盤戦を迎え、各チーム折り返し点に差し掛かろうとしている。
  セ・リーグは、独走態勢を築こうとしている巨人をヤクルトと中日が追う展開となっている。巨人の戦力の充実振りは今さら語る事もないだろう。ラミレス選手や小笠原選手と言った主軸や坂本選手を始め、昨年からブレークした若手が今シーズンも元気である。投手陣もそれなりの働きを見せており、現時点でこれと言った不安要素は見当たらない。シーズン後半に怪我人が続出しない限り、「兎」は途中で居眠りする事無く突っ走りそうな気がする。久し振りに上位に顔を出しているヤクルトと、6月後半に目覚めた3位のドラゴンズがどこまで追い詰めるか。

  一方、パ・リーグは日本ハムとソフトバンクが他のチームを大きく引き離している。その両チームの直接対決が4日から行われる。首位の日本ハムはその直後、3位西武との3連戦が控えている。首位固めを行う上で前半戦の「ヤマ」と言えるだろう。対する交流戦を圧倒的な強さで勝ち、首位争いを行う位置まで上り詰めたソフトバンクは連勝して首位の座を奪いたい所だ。
  首位から大きく引き離された3位争いは西武と楽天。戦力的には西武の優位は動かないような気がする。序盤戦好調だった楽天は昨年同様、交流戦で失速し借金生活を送っている。エースの一角、岩隈投手も戦線を離脱し打線も下降気味と良い材料は見当たらない。それでもこの位置に留まっているのは健闘していると言えるだろうか。何かきっかけを掴んで序盤戦の勢いを取り戻したい所だ。

  7月の下旬にはオールスター戦が行われる。それまでにどのような展開になるのかプロ野球ファンにとっては目が離せないシーズンの中盤戦である。



PL学園OBはなぜプロ野球で成功するのか?

PL学園OBはなぜプロ野球で成功するのか?

  • 作者: 橋本 清
  • 出版社/メーカー: ぴあ
  • 発売日: 2009/03/20
  • メディア: 単行本




プロ野球選手の高校球児伝説 (NIKKAN SPORTS GRAPH)

プロ野球選手の高校球児伝説 (NIKKAN SPORTS GRAPH)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 日刊スポーツ出版社
  • 発売日: 2009/05/27
  • メディア: 大型本




プロ野球審判が解説 プロ野球「意外なルール」100!

プロ野球審判が解説 プロ野球「意外なルール」100!

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2009/01/10
  • メディア: 単行本





banner_03.gif
→プロ野球のオールスター戦はやっぱり必要だ、と思う方はクリックをお願いします。


blogram投票ボタン
→ついでにこちらもポチっと押して頂けると有難いです。
posted by スポーツ職人 at 05:02| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(45) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする