2009年06月29日

夢を叶えた「2歳王者」!!ロンシャンへの夢が潰えた「ダービー馬」!!  【競馬 第50回宝塚記念結果】

  競馬の第50回宝塚記念が28日、阪神競馬場で行われ2番人気のドリームジャーニーが最後の直線で外から豪快に差し切り、2歳時の朝日杯FS以来、2年半ぶりのGTタイトルを獲得した。2着には3番人気のサクラメガワンダーが入った。
  一方、圧倒的な1番人気だったディープスカイが最後の直線で持ち前の末脚を発揮出来ず3着に終わり、内容次第で凱旋門賞への挑戦が噂されていたが、この結果を受けてディープスカイを管理する昆調教師は凱旋門賞は断念し秋は国内のレースに専念する事を表明した。


【第50回宝塚記念競走成績】
1着 △ドリームジャーニー  池添謙一  2分11秒3
2着 ▲サクラメガワンダー  福永祐一
3着 ◎ディープスカイ     四位洋文
4着  カンパニー        岩田康誠
5着  スクリーンヒーロー   横山典弘

<コメント>
  宝塚記念が行われた28日の日曜日。阪神競馬場は天気に恵まれ夏本番を思わせるような陽気だった。そして澄んだ青空がロンシャンの舞台へ向かおうとしている主役を祝福しているかのようだった。

 しかし、圧倒的支持を受けた主役たるディープスカイはドラマのエンディングを飾る事は出来なかった。主役の座を奪い去ったのは、もう1頭のG1ホース、ドリームジャーニーだった。朝日杯を制した馬は早熟と言うイメージがあり、明けて3歳になるとあまり活躍出来ない傾向にあり、せいぜいクラシック戦線の馬柱表に名を残す程度である。勿論、ナリタブライアンやグラスワンダーなど例外もあるが・・・。
 ドリームジャーニーも2歳王者に就いた後、重賞を勝つ事はあってもGTタイトルになかなか手が届かず、「善戦マン」と言うイメージが強かった。しかし、適距離とは言えない前走の天皇賞で好走した事で馬に変化が生じたのか、それとも得意の阪神コースが吉と出たのか、はたまたディープスカイを後ろでマークし続けた池添騎手の好騎乗のお陰なのか、最後の直線でレース前まで主役だったディープスカイを置き去りにし、前を行くサクラメガワンダーも捕らえる見事な脚を披露した。朝日杯FS以来、萎み続けていた花を再び咲かせた瞬間だった。大器晩成と言う言葉が当てはまるかどうかは分からないが、母の父であるメジロマックイーンの血が色濃く滲み出ているような気もするのだが・・・。
  秋は天皇賞から香港へ。ドリームジャーニーの旅はまだまだ続くのである。


  一方、主役の座を奪われたディープスカイ。勝たなければいけないレースで勝てなかった事で関係者はかなりショックを受けているようだ。馬体も絞れて走れる状態にあり、他の馬が上がりで驚異的なタイムを出した訳でもない。最後は前を行くサクラメガワンダーをかわす事さえ出来なかった。休み明け&負担重量(59キロ)が敗因だった産経大阪杯。ウオッカの剛脚が想定外だった安田記念。そして今回の宝塚記念。なぜ最後の直線を待たずして脚色が鈍ったのだろうか。
 これで陣営が描いていたロンシャンへの道は泡と消え、昨年の秋の天皇賞から続く「惜敗」と言うレッテルがまた1枚貼られる事となった。ひと夏越したその後、秋のレースで昨年のダービー馬がゴール板をトップで駆け抜けるシーンを見る事が果たして出来るのだろうか。


 
パリの歩き方 2009-10 (地球の歩き方MOOK)

パリの歩き方 2009-10 (地球の歩き方MOOK)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2008/09/05
  • メディア: 大型本




ロンシャン競馬場は、本日良馬場なり

ロンシャン競馬場は、本日良馬場なり

  • 作者: 深尾 衝
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎ルネッサンス
  • 発売日: 2007/03/26
  • メディア: 単行本





banner_03.gif
→秋にディープスカイが復活する事を期待する、と言う方はクリックをお願いします。


blogram投票ボタン
→ついでにこちらもポチっと押して頂けると有難いです。
posted by スポーツ職人 at 23:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(18) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする