2009年06月25日

岩礁に乗り上げ立ち往生した無敵艦隊!!  【サッカー コンフェデレーションズカップ】

  南アフリカで行われているサッカーのコンフェデレーションズカップは現時時間の24日、準決勝のスペイン×アメリカが行われ、アメリカが2−0でスペインを下し決勝に進出した。スペインの連勝記録は15でストップした。

  準決勝のもう1試合、ブラジル×南アフリカは現時時間25日に行われる。また決勝と3位決定戦は28日行われる。


【準決勝試合結果】

アメリカ  2−0  スペイン
(得点者)
前29分 アルティドア
後27分 デンプシー

<コメント>
  昨年行われたEURO2008でチャンピオンの座を射止め、来年のW杯でも出場すれば優勝候補に名を連ねるであろうスペイン。またの名を「無敵艦隊」。
  EURO2008の後も順調に勝ち星を伸ばし、世界を我が物顔で航海の旅を続けていたが思わぬ所に落とし穴が潜んでいた。場所は来年、世界中の人々が熱い視線を送るであろう南アフリカ。進撃を止めたねはブラジル、イタリアと言ったサッカー強国ではなく、経済大国であるが、サッカーに関しては中堅国(日本以上欧州未満ぐらいか)のアメリカ。

  アメリカのサポーター以外、無敵艦隊の勝利を疑わかったであろう一戦は、アメリカが先制しスペインが追う展開となった。特に後半はトーレス、シャビなど豊富なタレントを揃えるスペインが何本もの砲弾をアメリカに浴びせたが、予想以上に強固な相手の砦を崩す事は出来ず、逆に奇襲に遭って「THE END」となった。

 しかし何れ連勝記録は途絶えるものだ、と考えれば負けたのが来年のW杯本大会でなくて良かったとも言える。この大会でも存在感は十分見せ付けた。負けられないと言う呪縛から解き放たれた無敵艦隊。3位決定戦の後、束の間の休息を取り、世界の頂点を目指すべく再び南アフリカに向けて航海を始める。

  一方、無敵艦隊を打ち破り一躍注目の的となったアメリカ。波乱が2度も起きないと言う保証はないが、決勝の相手は敢えてブラジルと書いておきたい。今大会好調のブラジル相手に今度はどんな砦を築き相対するのか楽しみである。






アルマダの戦い―スペイン無敵艦隊の悲劇

アルマダの戦い―スペイン無敵艦隊の悲劇

  • 作者: マイケル ルイス
  • 出版社/メーカー: 新評論
  • 発売日: 1996/10
  • メディア: 単行本




Football Manager 2009 (輸入版  UK)

Football Manager 2009 (輸入版 UK)

  • 出版社/メーカー: Sega Europe
  • メディア: CD-ROM





banner_03.gif
→連勝記録は止まってもスペインは強い、と思う方はクリックをお願いします。


blogram投票ボタン
→ついでにこちらもポチっと押して頂けると有難いです。


posted by スポーツ職人 at 22:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(8) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする