2009年05月17日

カプチーノの次はウオッカで乾杯か?それとも「大荒れGT」続行か?   【競馬 第4回ヴィクトリアマイル予想】

  競馬の第4回ヴィクトリアマイル(GT)が17日、東京競馬場芝1,600mで行われる。
  現役最強牝馬のウオッカを始め、昨年のエリザベス女王杯を制したリトルアマポーラ、衰えを知らないジョリーダンスなど役者が揃った春の女王決定戦。果たして4代目の女王の座に就くのはどの馬か。


【本紙予想】
  先週のNHKマイルカップと同様、GTレースとしては歴史の浅いこのレース。過去のデータのサンプルが少ないので傾向が掴みづらいレースであるが、1つ言える事が過去3回は何れも1番人気が敗れている事、しかも昨年のウオッカの2着以外は掲示板すら載らない、と言う事である。しかも今日(17日)の天気は雨。土砂降りと言う訳ではないので極端な不良馬場になるとは考えにくいが、この事が難解な予想に拍車を掛ける。そこで、本紙予想。


◎(本 命)  3枠6番  ウオッカ
  ドバイのレースでウオッカは終わってしまったのか。そんな声も囁かれ始めている同馬。確かにあの失速ぶりは気になるが帰国後の調教を見ると、復調していると言って良いだろう。昨年と同じローテーションだが、状態は雲泥の差だと言う陣営の言葉から実力を発揮できる状態にあると見た。
  であるならば、今回のメンバー構成、3つのGTタイトルを獲得した東京コース、距離・・・。全てこの馬が優勝する為の条件にピッタリと言える今回は負ける訳には行かないだろう。不安材料は、馬場状態と今年GTレースで「ノレていない」鞍上だが、力で押し切ってくれると判断し本命に推す。果たして昨年の忘れ物を取り戻す事が出来るか。


○(対 抗)  7枠13番  リトルアマポーラ
  昨年のエリザベス女王杯、3歳ながら古馬を圧倒しGTタイトルを獲得した同馬。休み明けだった前走のマイラーズカップは7着だったがタイム差を見ると悲観する内容ではないだろう。叩き2走目で上積みが期待できる事、実績のある東京で最強女王交代のシーンがあるとしたら、この馬にその資格があると見て対抗に推す。


▲(単 穴)  8枠17番  レジネッタ
  昨年の桜花賞馬。その後目立った成績を残していないが、前走の阪神牝馬Sで復調の兆しを見せた。叩き2戦目の今回、そして桜花賞と同じマイルの舞台。一発あってもおかしくないような気がする。

  その他△(連下)としては、近走不振も昨年重馬場のローズSを制した事が妙に引っ掛かる2枠3番マイネレーツェル、 前走2着と好走した3枠5番ザレマ、昨年このレース4着、渋った馬場で時計が掛かった時に出番がありそうな気がする6枠11番ヤマニンベルメイユ、実績は文句ないが「降着事件」を境に勝ち運から見放されている事で評価を下げた7枠14番カワカミプリンセスまで挙げておきたい。

 まとめると
◎ 3枠 6番  ウオッカ
○ 7枠13番  リトルアマポーラ
▲ 8枠17番  レジネッタ
△ 2枠 3番  マイネレーツェル
△ 3枠 5番  ザレマ  
△ 6枠11番  ヤマニンベルメイユ
△ 7枠14番  カワカミプリンセス 


  馬券は、◎から○▲△への流し馬券。3−6、5−6、6−11、6−13、6−14、6−17の6点。



ヴィクトリア女王―大英帝国の“戦う女王” (中公新書)

ヴィクトリア女王―大英帝国の“戦う女王” (中公新書)

  • 作者: 君塚 直隆
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2007/10
  • メディア: 新書




チャート式最強ガイド マイルがたまる!2009 (朝日文庫)

チャート式最強ガイド マイルがたまる!2009 (朝日文庫)

  • 作者: ANA&JALマイレージ研究会
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2008/07/04
  • メディア: 文庫





banner_03.gif
→ヴィクトリアマイルこそ(或いは「も」)当てたい、と言う方はクリックをお願いします。
posted by スポーツ職人 at 06:12| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(41) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする