2009年05月09日

今後の競馬界の主役への登竜門!!「主役候補」の称号を得るのはどの馬か?  【競馬 第14回NHKマイルカップ予想】 

   春のGTレース第5弾、競馬の第14回NHKマイルカップが10日、東京競馬場芝1,600mで行われる。

   エルコンドルパサー、クロフネ、キングカメハメハそして昨年のダービー馬ディープスカイ等、後に日本の競馬界の主役となった馬を輩出したこのレース。果たして今年出走するメンバーからも、後に競馬界で主役となる馬が出て来るのかどうか。


【本紙予想】
  GTレースとしての歴史は浅いが、上にも書いた通りその後、主役を担う名馬を多く輩出している、言わば「主役への登竜門」的な位置付けとなっているレースとも言える。過去13回の傾向を見ると、キャリアが浅い3歳馬、しかも展開の紛れがある1,600mと言う距離から人気通りの決着とならないケースが多い。そこで本紙の予想。


◎(本 命)3枠6番 アイアンルック  
  デビュー戦での衝撃的な走り、そして前走の毎日杯での届きそうもない所から繰り出した末脚と強烈な印象を残してGTを獲るべく府中にやって来た。特に毎日杯で下した馬がその後、重賞レースを勝っている事からこの馬の能力の高さが窺える。
  キャリアの浅さと初の東京コースが不安材料ではあるが、毎日杯組はこのレースと相性が良い事と能力の高さを買い本命に推す。昨年、このレースからダービーを制したディープスカイに続く事が出来るか。「主役候補」の称号を得る為の重要な1戦となるだろう。


○(対 抗)2枠4番 サンカルロ
  トライアルレースのニュージーランドTで2着以下を引き離して勝利を収めた同馬。デビュー以来、掲示板を外していない安定さと東京コースでの実績を加味し対抗に推したい。

×(注 意)8枠18番 フィフスペトル
  前が詰まって行く手を阻まれた前走の皐月賞を除けば安定した成績を残している。大外枠がどうのように影響するかだが、広い東京コースなら吉と出るような気もする。軽視する事は出来ない。

▲(単 穴)4枠7番  ワンカラット
  近年、隔年で牝馬が勝っているこのレース。2007年のピンクカメオで大荒れになった事は記憶に新しい。直線の長い東京コースで桜花賞の時のような切れ味鋭い脚を繰り出せれば2007年の再現も有り得るか。

  この他△(連下)として、実績で推せる要素は無いものの、「マイネル」&「松岡騎手」と言う組合せが妙に引っ掛かる5枠9番マイネルエルフ、スプリングSで皐月賞馬アンライバルドと好勝負を繰り広げた7枠13番レッドスパーダまで挙げておく。

 尚、実績とコース適性では重い印を付けるべきだろうが、間隔が空いている事とここの所、GTレースでの成績が余り良くない武豊騎手を考慮して8枠16番ブレイクランアウトも△(連下)とする。

 まとめると

◎ 3枠 6番 アイアンルック
○ 2枠 4番 サンカルロ
× 8枠18番 フィフスペトル
▲ 4枠 7番 ワンカラット
△ 5枠 9番 マイネルエルフ
△ 7枠13番 レッドスパーダ
△ 8枠16番 ブレイクランアウト


  馬券は◎○×▲△への流し馬券。4−6、6−7、6−9、6−13、6−16、6−18の6点。







banner_03.gif
→日曜日のGTレースこそ(或いは「も」)当てたい、と言う方はクリックをお願いします。
posted by スポーツ職人 at 23:30| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(46) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

劇的な幕切れで決勝進出!!今回の勝利の女神は情け深い女神か?   【サッカー 欧州CL準決勝第2戦】

  ゴールデンウィーク中に実家に帰省した事もあり、およそ1週間更新が途絶えた。
  この間、競馬ではアッと驚く結果になったり、サッカーではアジアチャンピオンズリーグで日本から出場した4チーム(鹿島アントラーズ、名古屋グランパス、川崎フロンターレ、ガンバ大阪)が全て決勝トーナメント進出を決め、またヨーロッパではチャンピオンズリーグ、UEFA杯でファイナルに進出する2チームが決まった。

  この中から劇的な幕切れもあったヨーロッパチャンピオンズリーグの事を書きたいと思う。


【欧州CL準決勝第2戦結果】
マンチェスターU  3−1  アーセナル 

  第1戦に続き勝利を収めたマンチェスターUが大会連覇に向けて大きく前進した。3得点全てに絡んだロナウドの活躍は見事だったが、韓国代表の朴智星が上げた先制点が印象に残った。Jリーグ京都からオランダ、イングランドと飛躍を遂げた同選手。マンチェスターUに入団した当初は主力メンバーとして活躍していたが、怪我などもあり徐々に出場試合数が減少していた。積極性に疑問を投げ掛けていた老将ファーガソン監督も、この活躍により決戦の地、ローマで朴選手を起用する事を明言した。隣国の選手が世界トップクラスのクラブで活躍している事は嬉しくもあり、羨ましくもある。決勝の舞台となるローマでも活躍する事を期待したい。それにしても日本人がプレミアリーグのトップチームのユニフォームを着る事は果たしてあるのだろうか。


チェルシー   1−1  バルセロナ
     (アウエーゴールでバルセロナが決勝進出)
  
  第1戦に引き続き第2戦も引き分けとなったこの対戦。後半のロスタイムに入るまで前回の決勝の再現を望んでいた勝利の女神は、ロスタイムに入って心変わりしたのか、イングランドプレミア勢に唯一立ち向かっていた「スペインの雄」に手を差し延べた。
   
  チェルシーのヒディンク監督が第2戦で選択したのは第1戦同様、守備を固めカウンター攻撃を仕掛ける戦術だった。そういった意味では欲張りな願望ではあるが、もう少し遅い時間帯に得点が入ればと思ったサポーターもいるのではないだろうか。
  一方、劇的なロスタイムのゴールで同点に追いつき辛くも決勝進出を果たしたバルセロナ。ローマでは両サイドバックに加え攻撃の一翼を担うアンリ選手も負傷で欠場する可能性があると言う。ローマ行きのキップと引き換えに代償を払う形となってしまったが、ファイナルでどんな戦いを見せるのだろうか。
  また、この試合では審判の判定も物議を醸し後味の悪さを残したのも印象的だった。

  1990年代、欧州の中心はイタリアのセリエAだった。日本人もこぞってそこを目指した。今回の欧州クラブチャンピオンを決める地はかつて栄華を極めたセリエAが属するイタリアの首都ローマ。果たしてどんなシナリオが用意されているのだろうか。

※結果の太字はホームチーム










banner_03.gif
→チャンピオンズリーグの決勝も楽しみだ、と言う方はクリックをお願いします。
posted by スポーツ職人 at 16:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(15) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする