2009年05月03日

春の淀を制するのは菊の王者か?それとも・・・   【競馬 第139回天皇賞予想】 

  競馬の第139回天皇賞が3日、京都競馬場芝3,200mで行われる。今年の競馬の中・長距離界の主役をどの馬が担うのかを占う重要な1戦だが、前日オッズの通り主役不在の混戦が予想されている。果たして長いドラマの結末は・・・。


【本誌予想】
  明日行われる伝統の天皇賞。かつてはリアルシャダイ産駒など、ステイヤーの代名詞のような馬が制する事が多かったこのレースも年々そのような血統を有する少なくなってきている。中距離路線が主軸となっている今の競馬界を考えると仕方ない事か。
  さて、牝馬の活躍に比べて貧弱と言われて来た5歳牡馬。何せダービー馬を輩出出来なかった世代である。しかし、ここに来てようやく頭角を現すようになって来た。今回のレースでもこの世代が中心になるであろう。フルゲートの春の天皇賞は波乱が起きる事が多いが今回はどうなるだろうか。そこで本紙の予想。


◎(本 命)8枠17番 アサクサキングス
  3歳時菊花賞を制した同馬。4歳は天皇賞3着以降、目立った成績を残していなかったが、5歳になって京都記念、阪神大賞典で勝利を収め復調を印象付けた。距離、コースともこの馬にピッタリの条件と言える天皇賞。絶対的な本命とは言えないまでもこのメンバーなら連を外す事はないと見て本命に推す。秋の淀を制したアサクサキングス。春の淀でも舞う事が出来るか。

○(対 抗)2枠4番アルナスライン
  3歳時の菊花賞でアサクサキングスの2着だった同馬。前走の日経賞で初めて重賞を制覇した。距離、京都コースとも問題は無いだろう。中間の調整や追い切りの様子から上位争いは可能な状態と見た。課題は折り合いか。

×(注 意)8枠16番スクリーンヒーロー
  本命馬、対抗馬とも遜色ない実績がある同馬だが初の京都初コースがどう出るか。実績は文句ないが今回は3番手評価とした。

▲(単 穴)7枠15番モンテクリスエス 
  昨年の秋以降、充実した成績を残している同馬。今冬のダイヤモンドステークスを制している事から見ても距離に問題は無い。鞍上に「平成の楯男」武豊騎手を迎え一発ムードが漂う。

  この他△(連下)としては、昨年の天皇賞4着でこのレースの展開の鍵を握るであろう5枠9番ホクトスルタン、3連勝の勢いが侮れない5枠10番ゼンノグッドウッド 、前走アサクサキングスと接戦を演じた8枠18番ヒカルカザブエ まで挙げておきたい。

  まとめると

◎ 8枠17番 アサクサキングス
○ 2枠 4番 アルナスライン
× 8枠16番 スクリーンヒーロー
▲ 7枠15番 モンテクリスエス
△ 5枠 9番 ホクトスルタン
△ 5枠10番 ゼンノグッドウッド
△ 8枠18番 ヒカルカザブエ


 馬券は、馬連で◎○×▲のBOXと◎から△への流し馬券。4−15、4−16、4−17、15−16、15−17、16−17、9−17、10−17、17−18の9点。
 
  最後に余談だが、GWで家族と共に実家に帰省している小生。実家のPCで書いているが、さすがにメモリ64MBだと処理が遅くて書きづらい。
(とボヤイてみる。) 

 






banner_03.gif
→天皇賞こそ(あるいは「も」)当てたい、と思う方はクリックをお願いします。
posted by スポーツ職人 at 06:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(15) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする